ニキビ チョコレート

チョコレートや甘い物を食べるとニキビができる?

思春期にはニキビで悩まされる人も多いのです。
特に若い頃はホルモンバランスが不安定で、ニキビの原因になる脂肪の代謝が上手くいかないことも多く、ニキビができやすいです。

 

ニキビと食べ物は関係が深いです。特にチョコレートや甘いものはニキビを生みやすいのです。
チョコレートの中には、カフェインが入っていたり脳内麻薬のエンドルフィンを促成させる物質が入っています。

 

これらの物質が脳に対して麻薬みたいな作用を及ぼし、チョコレート中毒を起こします。
そうなると、チョコレートなしではいられなくなり、大量のチョコレートを摂取したくなります。

 

思春期なのでホルモンバランスが良くない状況のなかで、チョコレートの大量摂取でさらにホルモンが乱れ、体内の代謝が悪くなります。

 

特に肝臓なんかの脂肪代謝が悪くなって、それがニキビとして現れるのです。チョコレートはニキビを促進します。
それから甘い物の大量摂取もニキビに繋がります。甘い物、特に白砂糖は脳に対して麻薬みたいな作用を及ぼします。

 

白砂糖の大量摂取は統合失調症や発達障害の原因になります。
白砂糖が脳内麻薬になることで体のホルモンバランスを崩して、肝臓の脂肪代謝機能を壊して、ニキビの原因を作るのです。

 

白砂糖は市販の清涼飲料水やパン、クッキーなどの小麦を使ったお菓子なんかにもたくさん含まれています。
知らず知らずのうちに大量に白砂糖を摂取する生活をしているのです。

 

チョコレートや甘い物を大量に摂ることが、ニキビを増やす原因になるのです。
ニキビを予防するためには、野菜や肉をバランス良く摂取し、白砂糖やチョコレート、コーヒーや香辛料などの刺激物を減らして、体にいい食生活を心がけることが大事です。

 

それから適度に運動して、夜は早めに就寝して休息を十分取り、疲れやストレスを溜めないことが大事です。ストレスはチョコレートや白砂糖の大量摂取に繋がるのです。

 

健康的な食生活を習慣付けることが、ニキビ予防に効くのです。