フェイスラインに残るニキビ跡を改善させるには?

ニキビ女医

頬からアゴにかけてのフェイスラインは、肌の水分が少ないので乾燥しやすい箇所。ニキビができると治りにくく厄介ですが、治った後もニキビ跡が残りやすくなります。

 

ニキビ跡は、シミのように残ることもあったり、クレーターのように皮膚が凹むこともあるので、フェイスラインにニキビ跡を作らない為にも早めの対策を行いましょう。

 

そもそもニキビ跡とは一体何のでしょうか。また、なぜニキビ跡が残るのか、その原因について解説します。
そして、フェイスラインのニキビ跡を改善させる方法までご紹介します。

 

ニキビ跡の原因と種類

 

ニキビ跡

 

ニキビ跡は、ニキビができていた時の炎症が残ったり、ニキビが刺激されてメラニンが色素沈着することが原因です。化膿はしていないけど、肌にポツポツとアザが残るので、フェイスラインや鼻、オデコに残ると目立つので非常に気になります。

 

ニキビ跡には、赤いニキビ跡、シミのようなニキビ跡、クレーター状のニキビ跡の3つに分類されます。

  • 赤いニキビ跡は、ニキビがあった時の炎症の残りが皮膚奥に残っている状態。
  • シミのようなニキビ跡は、メラニンが色素沈着した状態。
  • クレーター状のように凸凹になったものは、酷いニキビの症状によって皮膚が傷ついた状態。

赤いニキビ跡やシミのように茶色く残るニキビ跡は、完全に消えるまでに時間がかかりますし、クレーター状のものは酷い場合には専門医による治療が必要になります。
では、具体的にフェイスラインのニキビ跡を改善させるにはどうすればいいのかご紹介します。

 

ニキビ跡を改善させるには

ターンオーバー

 

赤いニキビ跡やシミのようなニキビ跡は、肌を保湿してターンオーバーを促進させることによって、治す時間を短縮することができます。
ターンオーバーとは、肌の生まれ変わりの事で、新しい皮膚を作りキレイな肌を蘇らせることです。

 

ターンオーバーを促進させてキレイな元の肌に戻すためには、肌を保湿して潤わすことが必要です。
肌が保湿されることによって、ニキビ跡で乾燥した皮膚は健康な皮膚に生まれ変わり、ニキビ跡をドンドン薄くしていきます。

 

肌を保湿するには、化粧水や保湿ジェル、クリームなどを使用しましょう。
今では、ニキビ跡専用の保湿液なども販売されているので、そういった専用のものを使うことをオススメ。

 

特におすすめするのが、にきび跡専用化粧水「Dewte(デューテ)」

 

dewte

デューテは、従来のニキビ跡対策に必要だった保湿力だけではなく、さらに保水力を保つWトレハーコラーゲンを配合。

水分保持力を高めることで、ターンオーバーを促進しニキビ跡を改善に導きます。

 

今までフェイスラインのニキビ跡が治らなくて悩んでいたなら、このデューテで悩みを解決させませんか?

 

>>にきび跡専用化粧水「Dewte(デューテ)」詳しくコチラ

 

 

睡眠もニキビ跡には必要

肌がターンオーバーを繰り返すのは、人間が寝ている時に起こります。
ですので、ターンオーバーを促進させるには、十分な睡眠が必要になります。

 

特にゴールデンタイムと呼ばれる22時から深夜2時までの間にターンオーバーが働きますので、出来る限りその時間帯に合わせて就寝するように心がけましょう。
ターンオーバーが正しく促進されると、お肌の新陳代謝が活発になり、しつこいフェイスラインのニキビ跡も徐々に薄くなっていくでしょう。

 

お肌を保湿すること、睡眠を摂ること、健康的な生活を心がけること、これらを意識して行動していくと気づいた頃にはニキビ跡も無くなっているのではないでしょうか。

 

【フェイスラインのニキビ跡体験談】腸内環境の改善につながる食生活

facenikibiato

30代女性です。乾燥肌によるフェイスラインのニキビとニキビ跡に悩まされてきました。
20代の頃はたいして保湿もしていなくても大丈夫でしたが、30代に入ってから急にフェイスラインにニキビができ始め、最初は市販薬を塗って対処していました。
しかし一向に良くならず、そのうちほおの方にまでニキビが広がってきました。

 

赤っぽい小さいニキビなので割とすぐ治るのですが、次から次にできてきて、1つのニキビが治るとすぐに同じような場所に別のニキビができているのです。

 

ネットで調べると、フェイスラインのニキビの原因は「乾燥、ストレス、腸内環境」だということでした。
確かに日中はエアコンで乾燥した室内で仕事をして、デスクワークで座りっぱなしでストレスもありました。

 

さらに20代後半から便秘気味で、1週間に一回は便秘薬を使う生活をしていました。
そこでまず、肌の乾燥を防いでなおかつ腸内環境を良くするための食生活の改善を始めました。

 

きれいな肌のうるおいをたもつためにはビタミンCが必須であり、肌の組織はたんぱく質でできているので良質のたんぱく質を摂り、それを分解する酵素の働きを助けるビタミン類、体の調子を整えるミネラル類を多く摂ることにしました。

 

糖質と脂質はもともと多く取っていたので、パンやご飯などの主食は少なめに抑えました。
夕食のメニューの例は、(食べる順に)サラダ両手のひらいっぱいにのる量、野菜の煮物などの副菜、豚の生姜焼きなどの主菜を片手に乗るくらいの量、玄米を混ぜて炊いたご飯を半膳、果物(りんご1/4など)です。朝は忙しいのでご飯とみそ汁と常備菜くらいですが、昼食はお弁当にしておかずとご飯とは別にサラダをタッパ―につめて持って行きました。

 

なるべくビタミンを多く含む野菜をたくさん食べるためです。
サラダには、塩コショウなどの味付けの他に、アマニ油やエゴマ油をおおさじ1杯ほどかけて食べます。

 

アメリカではアトピーなどの疾患がある方にアマニ油等の必須脂肪酸、特にオメガ3系の油を食事に取り入れることで症状が改善した事例があるそうです。ニキビにも良さそうだと思って取り入れて正解でした。

 

以前はカップラーメンとおにぎりなどを昼食にしていましたが、糖質と脂質ばかり摂れてしまうのでキッパリやめました。腸内環境を悪くしてしまうからです。

 

腸内には「じゅう毛」と呼ばれる突起が無数にあって、その突起のすき間から栄養素を取り入れているそうですが、糖質や脂質、またカップラーメン等のジャンクフードに含まれるリンなどの無機質(ミネラル)を食事で多く摂ってしまうと、そのすき間が埋まってしまい、必要なビタミンやミネラルを摂れなくなってしまうんだそうです。

 

このような腸内環境の改善のために、ミドリムシのサプリメントでデトックスも同時に行いました。
またサプリメントでカルシウムとコンドロイチンを多くとっていたのは、ストレス対策はもちろんのこと、肌をきれいにする栄養素として不可欠だったからです。神経伝達に使われるカルシウムが不足するとイライラします。そうするとビタミンCは失われていきます。

 

またコンドロイチンは細胞と細胞をくっつける役割をしてくれるので、肌の水分量を保つためにたっぷり取っていました。食生活を改善することで、じっくりと腸内環境も変わってきました。

 

便秘気味だったのが今ではちゃんと1日1回のお通じがあり、肌も保湿中心のスキンケアに切り替えたことでニキビが激減しました。詳しくコチラ⇒ ニキビ跡専用化粧水「Dewte(デューテ)」
洗顔の時にニキビが減っているのを確認するたびに、「あわてないで食生活から変えていってよかった」と実感しています。スキンケアだけでは、健康な皮膚を作るのは難しいとつくづく感じた日々でもありました。