背中ニキビ 対策

背中ニキビの原因と対策

背中にニキビができてしまって悩んでいる方は意外と多いと思います。
まず背中ニキビができてしまう原因ですが、一番は背中の汗などが原因とされています。

 

特に寝汗をそのままにしておくと毛穴が詰まりニキビができてしまいます。
なので背中はできるだけ清潔に保つことが大切です。
寝汗が酷い場合には吸収性の良いパジャマやインナーを着ると背中ニキビの対策にもなります。

 

また汗以外にもシャンプーなどが原因になる場合があります。
髪の毛を洗った後に泡が背中に付着したままで背中に残っているとニキビができやすくなります。
なので対策としては髪の毛を洗った後はきちんと背中を洗い流すことが大切になります。

 

他にも食べ物で背中ニキビができやすくなってしまう場合もあります。
チョコレートやケーキのような糖分の高いものはもちろん、おせんべいなども過剰に摂取してしまうと背中ニキビができやすくなってしまいます。

 

また乾燥肌もニキビができやすいと言われています。
なので背中に保湿クリームなどを塗ると良いのですが、塗り過ぎると逆に毛穴が詰まってニキビができやすくなるので量には十分に注意しましょう。

 

他にも少数ですが、ストレスなどでもニキビはできやすくなると言われています。
ストレスを感じると血行が悪くなり、男性ホルモンが多く分泌されてしまい、皮脂の過剰分泌に繋がります。

 

背中ニキビを改善するには食生活や生活習慣の乱れを改善し、ストレスなどを発散できる趣味などを持つと良いでしょう。
また背中は常に清潔に保つように心がけましょう。